2017年10月17日

和光市駅北口再開発

image1.JPG



基本計画案の作成を担う民間事業者を公募型プロポーザル方式で選ぶそうです。

北口って区画整理をやっているはずです。一体的施行なのか?


和光市駅北口、駅直結の高層ビルで再開発

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22182560S7A011C1L72000/

-->


posted by やす at 07:37| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇都宮LRT延伸区間案

FullSizeRender.jpg

以前は、こういう絵になっていましたが、どうなったのか?
posted by やす at 06:32| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇都宮LRT

image1.PNG


ずっと前から注目している宇都宮LRT。雷都って言うんですね。


東西基幹公共交通(LRT)|宇都宮市公式Webサイト

http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/kurashi/kotsu/lrt/index.html


平成28年9月26日、「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」第9条第1項の規定に基づく「軌道運送高度化実施計画」が国土交通大臣の認定を受けています。この計画では、宇都宮市と芳賀町が軌道整備事業者、宇都宮ライトレール株式会社が軌道運送事業者となり、上下分離方式で軌道事業を実施することが記載されており、大臣認定によりそれぞれの事業について特許を得たとみなされます。



posted by やす at 05:59| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

東京の主要駅の駅前再編大歓迎

駅前再編から始まる「新宿大改造」
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/PPP/news/042500270/?ST=ppp-print

「新宿の新たなまちづくり(案)」が4月に公表されていますが、世の中は、戦後の復興区画整理などで整備された東京の主要駅周りの都市基盤が見直し時期に入って来ているようです。

他にも前から動きがありましたが、やはり渋谷の大改造が大きく影響しているのでしょうし、東京駅は別格ですけど再整備され周りも完成に近づいていますから、他の駅も考えざるを得ないという状況なのでしょう。

今後、是非、新宿、池袋・・と、より良い都市空間を形成して行って貰いたいと思います。

それから、川の上から首都高を取り払うことが出来たら、その頃がオリンピックのタイミングじゃないかと思っていたので、早くオリンピックをやることになってしまい残念に思います。

外国人に恥ずかしいところは見せたくないし、東京駅だけではちょっとね。

政治家は自分の都合でしか物事を考えないし、石原知事は都市計画音痴なので、この有様。その辺りの見極めが駄目ですよね。皆んなのことを考える先がよめる政治家じゃないと。
posted by やす at 05:39| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

東京都区部の戦災復興区画整理(1)

_20171012_043856.JPG


先日、上野毛の東京都の公文書館に初めて伺いましたら、戦災復興の展示が行われておりまして、興味深く拝見させていただきました。良い展示でした。

戦災復興区画整理については全体の極一部でしたが、ただ何点か気になるところがありましたので記しておきます。

まず、この一覧表です。

八王子の戦災復興についての言及はありませんでしたが、企画全体が区部のことのようですから、違和感はまあないでしょう。

この表は、田端の復興区画整理組合を載せていますが、事業完了しているところだけ載せるのなら、田端は組合事業としては事業完了していませんから、載せるのはおかしく、また、完了しなかった事業も載せるなら代々幡も載せるべきです。

公文書館は、そもそもこの件に関して知見を有してなく、東京都都市整備局市街地整備部区画整理課の助けを得て戦災復興区画整理の展示部分を作成されたそうですが、区画整理課が適切に助言、情報提供出来なかったようです。

なお、代々幡については、隣に掲載された地図にも記載はありませんでした。隣の地図では、田端は組合施行ではなく、その後の東京都施行の田端四丁目と田端二丁目の事業が記載されていました。

今の東京都の都施行事業部隊にとって、田端は都施行で実施してきたところで親しみがあるが、代々幡は随分昔に組合施行区画整理が駄目になったところで都施行とは縁のないところですから意識から消えていたのではないかと推察いたします。

それにしても、市民に向けてのせっかくの展示に泥を塗ってしまいました。
昔は、都市計画局という組織があり、こういった東京都内全体の都市計画を把握してきたのですが、都市計画を軽視する石原都知事により解体されてしまい、過去の歴史すら満足に把握できない組織になってしまったようですね。そんなことしていても組織内で評価されないのでしょう。困ったことです。
posted by やす at 05:24| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

八王子の戦災復興区画整理の経緯も少しずつですが纏めておこうと思っています。

IMG_1763.JPG

八王子戦災の復興区画整理は6地区計画していたが、結局3地区しか戦災復興区画整理としては出来なかったことは以前お話ししました。
当初国が決定したすべき区域を変更し黄色のエリアを外して、赤で示された第一地区、第二地区、第五地区のみを施行することにしたということです。
125万坪で計画決定されたエリアは上記の縮減で481,266坪になりました。
一方、都市計画事業の決定も当初530,000坪で決定していましたが、穴抜きの箇所が生じて減り481,266坪になっています。この際11,900坪を追加編入するとともに60,634坪を除外しています。

ところで、当時由井村が八王子市の南に存在していましたが、由井村のところにも飛び地で区画整理エリアがあったことにも注目してください。ここは緑町霊園であり、墓地の移転も行われたのじゃないかと思います。直入院も小門町から移転してきましたが、この際に元横山町の帰西寺と合併したそうです。直入院の石造五智如来立像は、もともと蓮生院にあったものですが、戦災で蓮生院が焼失廃寺したため帰西寺に移転させていたところ区画整理によるこの合併移転で緑町に移ったという経緯なのですね。



posted by やす at 06:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

旦過市場の再整備は区画整理で 18年度着手、準備組合が発足

先日の記事ですが、もっと詳しい記事は出ていないようです。
旦過地区土地建物委員会という名称なのですね。

旦過市場の再整備は区画整理で 18年度着手、準備組合が発足

posted by やす at 07:35| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

都市の農地、税優遇で維持 企業に貸しやすく

日経の記事です。あまり具体的なことは書いてありません。

都市の農地、税優遇で維持 企業に貸しやすく
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASFS01H60_V00C17A9MM8000/
posted by やす at 08:43| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

練馬区西大泉町の飛び地の経緯

DSC_5102.JPG

埼玉県の中にぽつんとある東京都練馬区西大泉町の土地が何故、飛び地であるのかが書いてありました。

米津藩の領地が点在していて、それが小榑村に引き継がれたのですが、点在していた土地を整理するときにし忘れたのだそうです。

これは確か大泉今昔物語に書いてあった推測ですよね?
posted by やす at 19:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

虎ノ門一・二丁目再開発

市街地再開発事業は一部のみです。

森ビル/虎ノ門一・二丁目地区再開発(東京都港区)/5街区に分け整備へ
http://www.decn.co.jp/?p=93435
posted by やす at 07:06| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

町田駅前の再開発は市街地改造事業時代から考えられていた。

_20170817_064551.JPG

町田では、都市計画区域の決定は昭和14年でしたが昭和34年に初めて都市計画道路を決定して、町田駅前の再開発も検討し始めました。

市街地再開発事業はまだなく、市街地改造事業による都市改造を考えていました。

都市計画道路は今と異なりますね。当時新原町田と言われた小田急線の町田駅の東に都市計画道路が入っていますし、小田急線の下になっている駅広も東側に出ており形が違いますね。

再開発は、都市再開発法制定後の昭和47年になって都市計画決定が実現し、昭和52年から事業が開始します。昭和55年完成。
posted by やす at 07:27| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

沼津市町方町・通横町地区の再開発

FB_IMG_1501106987543.jpg

いよいよ本組合の設立認可申請のようです。

http://www.numazu-arcade.com/
posted by やす at 07:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

FUNDES(ファンデス)上野が開業

FUNDES(ファンデス)上野が、26日に開業。外人狙いだそうです。

上野駅前に飲食特化型ビル、訪日客の“夕食難民”に狙い、東京建物が26日開業
http://www.sankei.com/economy/news/170724/ecn1707240023-n1.html
posted by やす at 07:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

日本橋、首都高を地下化

日本橋、首都高を地下化
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6247710

伊藤先生、やっとスタートしますね。

国土交通省 道路局、東京都、首都高速道路が、7月21日、日本橋周辺のまちづくりと連携して首都高の地下化に向けて取り組んでいくと発表したそうです。
今後、関係者で計画案(線形や構造、対象区間など)について検討。
posted by やす at 16:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

JR久留米駅前第二街区第一種市街地再開発事業



日刊建設工業新聞に、6月に都決した久留米駅東口の再開発について、特定業務代行者の公募のことが出ていました。

JR久留米駅前第二街区再開発/特定業務代行者公募手続き開始/準備組合
http://www.decn.co.jp/?p=92694

下記の2つの公募です。
「特定業務代行者および参加組合員予定者(一般分譲住宅)」
「参加組合員予定者(シニア住宅)」

東京では、野村不動産、清水建設及びタカラレーベンが、昨年、江戸川区の南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業の「特定業務代行者および参加組合員」になっています。

権利変換計画認可までは参加組合員ではなく参加組合予定者ということかな。
posted by やす at 06:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

アイリッジのポップインフォが東急線の「グッチョイモーニング」で活用

本日からアイリッジのポップインフォが東急線の「グッチョイモーニング」で活用されるそうです。

アイリッジは東急電鉄の「グッチョイモーニング」実施に伴い、「東急線アプリ」を開発支援
http://www.zaikei.co.jp/article/20170629/381087.html

平日朝7時30分までに渋谷駅を上り電車で乗降または通過した際に、ローソンなどの割引券をポップインフォで配信。

「グッチョイモーニング」とは何かというと、

 「グッチョイモーニング」は、東急電鉄の取組みで、オフピーク通勤を推奨することで混雑緩和を実現するだけでなく、朝型通勤の習慣化を通じた生産性向上や乗客の朝活の推進を目的に実施する。今回、「東急線アプリ」を持っている顧客に対して、平日朝7時30分までに東急線・田園都市線渋谷駅(上り線のみ)で乗降・通過した際、位置情報機能を活用し、ローソンのドリンクメニュー割引券や東急スポーツシステムのフィットネスクラブの割引利用券など、各種クーポンを配信する。また、東京都が実施する朝の通勤ラッシュの緩和プロジェクト「時差Biz」と連動し、田園都市線で朝6時台の臨時特急列車「時差Bizライナー」を期間限定で運転する。

とのことです。
posted by やす at 06:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

新橋の当初の駅広計画

Screenshot_2017-07-10-19-09-54.jpg

まだ戦災復興の100メートル道路計画時代の新橋駅の駅前広場計画は、このように大きなものでした。東側の都市計画道路には100mの記載があります。

この計画は、昭和36年6月23日に変更告示され、もっと宅地として残す土地を増やし駅広は縮小。12月26日には市街地改造事業が、すべき区域決定及び都市計画事業決定します。

この年は、市街地改造法が制定。施行された年です。
大阪駅の区画整理の南側エリアの市街地改造事業のほうが先ですが、その年に都市計画決定だけはしています。
posted by やす at 19:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

東京都の再開発の聖地、新橋。新橋駅前市街地改造事業を知っていますか?

_20170707_060134.JPG

東京都の再開発は、東京オリンピック後の新橋で始まる。
新橋は、東京都施行の再開発の原点であり、聖地なのだ。
都市計画として2.9haで駅東西に市街地改造事業を決定後、東口の事業1.4haが先行。昭和44年7月10日には東口の駅広が告示されている。

この図をよく見ると都道としては外濠環状線のコブの位置付けなのですね。

先日の大月東大教授との二人だけの研究会では、この前に一度震災復興の区画整理の時に小さい駅広を作る改造をしていたことが確認されています。
それを再改造したのが新橋の市街地改造事業だったわけです。
posted by やす at 06:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

トヨタマヴィラが環七に出現

image1.PNG

車で通る時になんか出来たなと思っていたのですが、日経サイトで下記の記事を発見!
石窯焼きピザが食べれるカフェでした。今度行ってみよう。

練馬にリゾート? バッドロケーション出店戦略:日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/030800018/061300334/

ここです。
posted by やす at 11:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

目黒駅の昔の駅前広場の計画

IMG_1521.JPG
posted by やす at 20:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へにほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへにほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。