2010年09月11日

老朽マンションの建替えに容積緩和?

新成長戦略実現に向けた3段構えの経済対策」では、20ページのところに「日本を元気にする規制改革100」というのがあって、景気対策のためにも規制改革を頑張るんだってことが書いてあるのですが、真っ先に下記のことが示されています。

<具体的な措置>
○都市再生、住宅投資の加速化
・都市再生の推進や老朽建築物の建替えを促進する観点から、これらに資する容積率の緩和及びマンション建替え円滑化法の要件緩和について、平成22年度中に措置を講じる。


また後ろのところの別表1では、ここでも下記がトップで載っており、容積緩和部分の詳細説明となっています。

別表1 既定の改革の実施時期を前倒しする事項

<都市再生・住宅>
1 容積率の緩和
環境負荷の低減、高齢社会への対応、財政負担の抑制、防災機能の向上、経済の活性化などの観点から、地区外の環境保全など幅広い環境貢献措置を評価した容積率の緩和、老朽建築物の建替えに資する容積率の緩和に係る具体的施策について早期に検討し、結論を得た上で、平成22年度中に措置を講じる。
実施時期:平成22年度検討・結論・措置
所管官庁:国土交通省


それを見ると、「老朽建築物の建替えに資する容積率の緩和」と書かれています。

これは何でしょうか?

老朽建築物だと容積をオマケしてくれるというのでしょうか?

ちょっと前に台湾で老朽建築物の建替えだと容積率2倍にしてあげるという話(日経BP記事)がありましたけれど、そういうことはまさかやらないですよね。

総合設計許可準則の改正かなんかのことじゃないかと思いますが。
posted by やす at 08:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

マンション建替型総合設計
Excerpt: 遅くなってすいません。去年のうちに触れておけば良かったのですが、色々なことがありましてこのブログの更新もままならないという状況でしたものですから。 言い訳はこの辺にして。例の改正マン建て法に基づく要..
Weblog: SUZUKI's Blog
Tracked: 2015-02-11 11:02
にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へにほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへにほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ