2017年10月18日

青梅駅前防災建築街区造成事業

青梅市役所様から青梅駅前防災建築街区造成事業のことが記載されている青梅駅前改造事業の事業誌を戴きました。有り難うございます。
DSC_5253.JPG
高田馬場みたいに防災建築街区と土地区画整理事業を組み合わせた手法ですが、このように改造事業と呼んでいたから市街地改造事業と思っていた人が多いのか。



posted by やす at 06:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

江戸時代の練馬周辺地図 江古田は多摩地域だった?

FullSizeRender.jpg

江戸時代の練馬周辺の地図です。

よく見ると、江古田新田江古田新田が多摩に入っていますが、この頃は江古田の新田だから当然中野と同じく東多摩郡に入っているのが自然でしょう。

ところで、この図の見方、ご存知かもしれませんが、・が新田のマークでした。
四角に囲まれている郡以外の地名は、町ですね。他の楕円は村。

西側は、白子川以西は豊嶋郡ではなく、小榑村は手前だが新座郡に入っていた。
posted by やす at 07:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和光市駅北口再開発

image1.JPG



基本計画案の作成を担う民間事業者を公募型プロポーザル方式で選ぶそうです。

北口って区画整理をやっているはずです。一体的施行なのか?


和光市駅北口、駅直結の高層ビルで再開発

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22182560S7A011C1L72000/

-->
posted by やす at 07:37| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇都宮LRT延伸区間案

FullSizeRender.jpg

以前は、こういう絵になっていましたが、どうなったのか?
posted by やす at 06:32| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇都宮LRT

image1.PNG


ずっと前から注目している宇都宮LRT。雷都って言うんですね。


東西基幹公共交通(LRT)|宇都宮市公式Webサイト

http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/kurashi/kotsu/lrt/index.html


平成28年9月26日、「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」第9条第1項の規定に基づく「軌道運送高度化実施計画」が国土交通大臣の認定を受けています。この計画では、宇都宮市と芳賀町が軌道整備事業者、宇都宮ライトレール株式会社が軌道運送事業者となり、上下分離方式で軌道事業を実施することが記載されており、大臣認定によりそれぞれの事業について特許を得たとみなされます。



posted by やす at 05:59| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

東京の主要駅の駅前再編大歓迎

駅前再編から始まる「新宿大改造」
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/PPP/news/042500270/?ST=ppp-print

「新宿の新たなまちづくり(案)」が4月に公表されていますが、世の中は、戦後の復興区画整理などで整備された東京の主要駅周りの都市基盤が見直し時期に入って来ているようです。

他にも前から動きがありましたが、やはり渋谷の大改造が大きく影響しているのでしょうし、東京駅は別格ですけど再整備され周りも完成に近づいていますから、他の駅も考えざるを得ないという状況なのでしょう。

今後、是非、新宿、池袋・・と、より良い都市空間を形成して行って貰いたいと思います。

それから、川の上から首都高を取り払うことが出来たら、その頃がオリンピックのタイミングじゃないかと思っていたので、早くオリンピックをやることになってしまい残念に思います。

外国人に恥ずかしいところは見せたくないし、東京駅だけではちょっとね。

政治家は自分の都合でしか物事を考えないし、石原知事は都市計画音痴なので、この有様。その辺りの見極めが駄目ですよね。皆んなのことを考える先がよめる政治家じゃないと。
posted by やす at 05:39| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

東京都区部の戦災復興区画整理(1)

_20171012_043856.JPG


先日、上野毛の東京都の公文書館に初めて伺いましたら、戦災復興の展示が行われておりまして、興味深く拝見させていただきました。良い展示でした。

戦災復興区画整理については全体の極一部でしたが、ただ何点か気になるところがありましたので記しておきます。

まず、この一覧表です。

八王子の戦災復興についての言及はありませんでしたが、企画全体が区部のことのようですから、違和感はまあないでしょう。

この表は、田端の復興区画整理組合を載せていますが、事業完了しているところだけ載せるのなら、田端は組合事業としては事業完了していませんから、載せるのはおかしく、また、完了しなかった事業も載せるなら代々幡も載せるべきです。

公文書館は、そもそもこの件に関して知見を有してなく、東京都都市整備局市街地整備部区画整理課の助けを得て戦災復興区画整理の展示部分を作成されたそうですが、区画整理課が適切に助言、情報提供出来なかったようです。

なお、代々幡については、隣に掲載された地図にも記載はありませんでした。隣の地図では、田端は組合施行ではなく、その後の東京都施行の田端四丁目と田端二丁目の事業が記載されていました。

今の東京都の都施行事業部隊にとって、田端は都施行で実施してきたところで親しみがあるが、代々幡は随分昔に組合施行区画整理が駄目になったところで都施行とは縁のないところですから意識から消えていたのではないかと推察いたします。

それにしても、市民に向けてのせっかくの展示に泥を塗ってしまいました。
昔は、都市計画局という組織があり、こういった東京都内全体の都市計画を把握してきたのですが、都市計画を軽視する石原都知事により解体されてしまい、過去の歴史すら満足に把握できない組織になってしまったようですね。そんなことしていても組織内で評価されないのでしょう。困ったことです。
posted by やす at 05:24| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へにほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへにほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。